2006年06月04日

電気工事士試験はOK

本日は電気工事士の筆記試験。
朝3時に起き、最終の復習。
 
模擬試験でも80点で十分合格ライン。
最近、団塊おやじは勉強なんぞしたことがなかって、
どうなることかと思ったが、まだまだ脳みそは衰えていない。

これで脳の老化現象もSTOPしたかな。
まあ、よく勉強したほうかな。
けっこう抵抗値の計算とか30年くらいやってなかったけど
けっこう覚えているもんだ。
 
もっと頭をつかわないといかん。
試験では若い者にまざって、団塊おやじはよくがんばった。
 
さあ、再び工房建設をがんばれ!!!!
posted by 団塊世代 at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年06月03日

裏口のドアがついた

裏口のドアをどうしようかと思っていたが
つけることができた。
このドアひとつとりつけるだけで、
何度ホームセンターに行き、カタログを見たことか。
普通サイズでは取り付けられないので、小さいドアが必要。
Aホームセンターでは、そんなドアはないとまったく相手に
してくれない。
 
それでもめげずに、ホームページからいろんなメーカを
さがし、やっと見つかった。
ほとんどのホームページはきれいでかっこよいドアばかり。
特注のドアなんてでてこない。
しかし、街の家をみると取り付けられている。
 
ホームセンタによっても取り扱っているメーカーが限られている。
運良く、そこにはあったので発注したが、
カタログって、よくわからない。
いろんな仕様がいっしょに書かれているので、どれで発注すれば
希望の品がもらえるのかすぐ理解できない。
 
とにかく苦労の末、裏口のドアがついた。
また、バーンドアもつけた。
 
バーンドアもマニュアルには、床工事なしの場合しかのっていないので
どのくらいで切断するのか、何回もマニュアルを読んで計算して
いろいろと時間がかかった。

 
さあ明日は電気工事士試験
まあ余裕だな


a46.jpg

           バーンドア等の塗装
 
 a47.jpg
           苦心のドア
 
 a48.jpg
          バーンドア
 
posted by 団塊世代 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年05月28日

窓がないので、中は息苦しい

窓を催促しても、なしのつぶて。
もうあきらめの境地かな。
しかし、暑いし、暗いし、風通しが悪いので、中で作業すると
粉塵が舞って息苦しい。
 
中は雑然として何からてをつけていいのか、さっぱり。
とにかく塗装と思って、ローラ(¥398)を買ってきて塗装開始。
これ以外と簡単。
一日で1Fの半分が終わった。
 
さあこれからは、石膏ボードとか断熱財をホームセンターで
買って自分で考えないといけない。
その分、おもしろいと思うが。
 
a44.jpg
 
a45.jpg
posted by 団塊世代 at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年05月20日

残り部材到着、しかし窓がない

本日、残りの部材が到着。
ドア、屋根瓦、塗料、はしご、耐火ボードが到着。
前日には、突然天窓が到着。
 
しかし、窓がない。どうなっているのか。 
 
 確認すると、窓は別便です。
とすげない返事。
わかっていれば、連絡してこい。
 
A社には怒り心頭。
 
なぜ遅れたのか、理由もない。申し訳けないの一言もない。
いままで、いい会社だと思っていたが、ひど過ぎる。
やはり遅れたことは、しようがないが、連絡がないのはひど過ぎる。
建物の形状もいいし、価格も安いのでほんとうにいいとおもっていたのに。
ちょっと連絡してくれれば、済むことなのに!!!
 
やはり納期連絡とかは、しっかりしないと。
 
とにかく2週間後にエアーでつけるとのこと。
しかし、窓がこないと内装ができない。
窓の寸法を聞いたけれど、実物をみないと壁に窓を開けられない。
 
 
 
posted by 団塊世代 at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年05月05日

ほっとして風邪でダウン

昨日、とにかく棟上は完了。
しかし、ほっとしたのか風邪でダウン
連休最後の日だけど、何もできない。
 
それまでは、雨、雨、雨であったが、連休中は快晴
ちょうど、約半分終わったところだけど、思ったより進まない。
 
こんな建物は簡単かと思ったけど、なかなかどうして
やっぱり、家を建てるのはそう簡単ではない。
 
さあ残りがんばろう。
しかし、屋根瓦、塗料、ドア、窓がこないと進まない。
 
明日からは電気工事士の試験勉強だ。
6月4日の筆記試験をがんばろう。
 
 
posted by 団塊世代 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年05月04日

ついに棟上終了

やっと、棟上は終了。
大工さん、奥さん ありがとうございます。
 
まだ屋根瓦、窓、ドアが届かないので、ひとまず終了。
 
やっと座敷もカーポートも空いたので車を入れることができた。
 
しかし、屋根材、窓、ドア、塗料はいつくるのだろう。


a40.jpg

 
a42.jpg
 
a43.jpg
posted by 団塊世代 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年05月03日

あの重い屋根板を軽々と!!

今日も快晴。
いままでなら、5月の連休は旅行していたんだけど。
今年は工房ひとすじ。
家族の皆さん.ごめんなさい。
 
まず2Fの壁よりスタート。
そして、屋根板張り。
とてもじゃないが、高いところには登れない。
けっこう斜面が急で、足がすくんでしまう。
 
そしてあの重い屋根板を一人で軽々と屋根に運んでしまう。
ただただ、感心して、みているのみ。

大工さんには、なれないと思った。
 
今日は屋根板の半分で終了。
屋根のつなぎ目をどうするかマニュアルには書いていない。
 
どうも情報不足である。
いままでも、窓の大きさ、階段の開口部の大きさ、ドアの大きさ
すべてこちらが考えて聞かないと連絡くれない。
 
ドアも窓も屋根瓦、塗料、階段が届かない。
打ち合わせでは、納期2ヶ月ということなので、急いで契約したのに。
 
セルフビルドもそういう情報がこないとたいへんである。
その分安いといえば、しようがないが。
 
 a36.jpg


 a37.jpg

posted by 団塊世代 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年05月02日

ああすっきり!!

今日は大工さん休みなので、座敷のなかの木材を
工房に移動。
ああすっきりした。1ヶ月ぶりにたたみの感触を味わう。
 
木材をあちこちに移し替えるのも終わった。
何に使うかわからないものもクリアになった。
 
おもわず ばんざい とさけんでしまう。
posted by 団塊世代 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年04月30日

さすが 本職!!!

一晩中考えた。睡眠学習だ。夢の中で構想をねった。
意外と左脳で考えているものだ。
なんとか、高さをあわすことができた。
 
大工さんがやってきた。
 
やっぱり本職。
10cmの壁の上を綱渡りのようにすいすいと
ひょいひょいひょいと

ただただ、見入るばかり。
とてもじゃないが、あんな上は怖くて歩けない。

水平のとり方も違う。
やっぱり、屋根は無理だとさとる。
頼んでよかった。!!!!
Kさんなら安心して頼める。よかった。
Kさんの奥さんも手伝ってくれた。いい人だ。

完成したらパーティをやることを約束した。



a34.jpg

     ひょいひょいひょい

a35.jpg
     1Fは終わった
posted by 団塊世代 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年04月29日

本日晴天なり。ついに棟上だ!!

さあ連休がスタート。ずっと晴天のようだ。ばんざい。
いままでの雨の毎日がうそのようだ。
 
やっと棟上だ。!!!!
 
大工さんは明日からしかこられないということで、思い切って
団塊おやじが棟上開始。
 
朝4時半起床。シートをはがす。
家族4人(妻、娘2人)で壁おこし。
しかしうまく高さがそろわない。
柱が傾いているのか。いくらたたいても隙間が出きる。
無理やりそろえると、高さがそろわない。
 
すこし長手方向に柱が飛び出してしまった。
2×4の柱に壁財をとめてあるので簡単に修正もできない。
 
 a32.jpg
 
a33.jpg

 
 
posted by 団塊世代 at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。