2006年05月03日

あの重い屋根板を軽々と!!

今日も快晴。
いままでなら、5月の連休は旅行していたんだけど。
今年は工房ひとすじ。
家族の皆さん.ごめんなさい。
 
まず2Fの壁よりスタート。
そして、屋根板張り。
とてもじゃないが、高いところには登れない。
けっこう斜面が急で、足がすくんでしまう。
 
そしてあの重い屋根板を一人で軽々と屋根に運んでしまう。
ただただ、感心して、みているのみ。

大工さんには、なれないと思った。
 
今日は屋根板の半分で終了。
屋根のつなぎ目をどうするかマニュアルには書いていない。
 
どうも情報不足である。
いままでも、窓の大きさ、階段の開口部の大きさ、ドアの大きさ
すべてこちらが考えて聞かないと連絡くれない。
 
ドアも窓も屋根瓦、塗料、階段が届かない。
打ち合わせでは、納期2ヶ月ということなので、急いで契約したのに。
 
セルフビルドもそういう情報がこないとたいへんである。
その分安いといえば、しようがないが。
 
 a36.jpg


 a37.jpg

posted by 団塊世代 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。