2006年06月30日

もう 6月も終わり

もう、6月もおわりである。
工房開始して、はや4ヶ月半。なんて早いのか。
まだ内装の途中。
あと1カ月で終わるだろうか。
 
団塊おやじはやることがいっぱいあるのだが。
いっこうに計画通りに進まない。
まあ、計画に無理があったのだけど。
 
断熱財をいれ、セッコウボードも70%完了。
しかし、細かく切って張るところはいっこうに進まない。
結構めんどうである。
 
内装はマニュアルもなく、まったく団塊おやじの独断と偏見の世界。
もともと、U.S.A.の柱間隔と日本の柱間隔が違うので。
断熱財もセッコウボードもうまく張れない。
どうしてもすきまができてします。
 
このこともあとからわかったのでしようがない。
すこし聞いてはいたが、まったくちんぷんかんぷん。
 
 a63.jpg

                   断熱材が張り終わったところ
 
a64.jpg
         セッコウボードが張り終わったところ 


 

posted by 団塊世代 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋根葺き、内装その1

2006年06月28日

電気工事終了

電気工事士の免許をとって団塊おやじが自分でと思っていたが、
これから実技試験なので間に合わないので頼むことにした。
受かったとして、免許交付は9月。
ちょっと待てない。非常に残念。
 
しかし、電気工事士は必ずとるぞ。
 
昨日までに部屋の掃除を済ませ、朝から電気工事。
 
大体、外装は終わった。でもまだあるけれど。
 
 a60.jpg
 
 a61.jpg
     けっこう うまく できたほうかな
 
 a62.jpg
 
さあ、石膏ボード張りだ
 
posted by 団塊世代 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋根葺き、内装その1

2006年06月25日

屋根葺きは終わった

今日は午前中で屋根葺きは終了。
あと玄関の屋根をと思ったが、雨で中止。
残念、6月中に屋根を終わるつもりであったが。
 
さあ、内装工事を早く終わらせないと。
posted by 団塊世代 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋根葺き、内装その1

2006年06月20日

だいぶ進んでます。体力 0、気力 マイナス

だいぶお疲れさん。
体力 0
気力 マイナス
 
しかし、自分に鞭打って 補強工事とペンキ塗り。
だいぶ仕上がってきた。
 
部屋の中を整理整頓できた。
 
a53.jpg
 
a54.jpg
       だいぶ整理整頓できた 
 
posted by 団塊世代 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋根葺き、内装その1

2006年06月18日

ついに窓が開いた!!

窓がついに開いた。
気持ちも晴れ晴れとする。
 
Kさんが来るまでに、天窓を付けられるように、屋根を
ジグソーであけた、
ちょうど終わったところにKさんの登場である。
 
屋根葺きの80%が終了。
やっと様になってきた。
 
さあ、内装工事のスタートである。
いまやらねばならないことを列挙すると、
1.内側の補強工事
2.窓枠のカットと窓すべて取り付け
3.窓枠のサイドのかざりの塗装と取り付け
4.セラミックボード6枚の取り付けと窓枠カット
5.セラミックボートの横サン
6.ドアのカギの加工
7.天井の塗装
8.換気扇の穴あけと取り付け
9.換気扇のパイプの加工
10.チャイムの検討
11.アラームの検討
12.石膏ボードの購入と取り付け
13.電気工事
14.裏窓の検討
15.インターネットの配線
16.石膏ボード用の補強
17.断熱財の購入と取り付け
 
等々といっぱい仕事がある。
 
内装なんて簡単と思っていたが、どうしてどうしてたいへん
posted by 団塊世代 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋根葺き、内装その1

2006年06月17日

やっと窓がきた

窓が来る前に、確実にきたのは請求書。
まず、支払いを済ませないと窓は送らないぞ。
 
これには完全に頭にきた。
もともと、納入後に支払いという約束なのに。
一言のあやまりの言葉もない。
遅れているのだから、すぐ納入すべきだ。
それとはっきりした納期連絡をすべきだ。
運送業者から明日送ると連絡があったのみ。
 
もっと頑丈な窓かと思ったら、簡単なものだ。
天窓はすごくしっかりしていたので、期待していたのだが。
 
最初は、なかなか対応よかったからブログで宣伝しようかと
思っていたが、とてもできない。
 
もっとうまく対応すれば、けっこう売れると思うけれどなあ。
posted by 団塊世代 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋根葺き、内装その1

2006年06月11日

Kさん 久々の登場

やっと、屋根葺き開始だ。
 
Kさん、久しぶりの登場。
あいかわらず元気そう。
屋根葺きに関しては、本職でないということだけど。
さすが、身は軽い。簡単に屋根の上。
この団塊おやじはとても屋根には登れない。
けっこう急斜面なので、つるっとすべりそう。
さすがのKさんも今日は地下足袋をはいて作業開始。
 
壁面の水切りがどうもマニュアルではよくわからない。
急いで、水切りを買いに走る。
 
屋根葺き関係は、ほとんどマニュアルにかいていないので、
Kさんがしきりに考える。
色あわせに関して、なっとくできないのか、いろいろ試してから取り付け。
 
でも外観も重要なので、Kさんに任しておけば安心である。
奥さんもいろいろと気をつかってくれる。
長崎のお土産を持ってきてくれた。
ほんとにいい夫婦だと思う。


 a52.jpg

posted by 団塊世代 at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋根葺き、内装その1

2006年06月08日

えー 寸法違っている!!

今度の日曜日にKさんが久しぶりに屋根葺きに来てくれるので、
それまでに屋根周りの工事を済ませなければならない。
 
まずペンキ塗りからスタート。
けっこう数が多いので時間がかかる。
 
そして取り付けであるが、高いところの工事なので、
こわごわである。
 
片手にインパクトドライバーをもち、左手にねじくぎ。
結構危険作業である。
 
えー 寸法が合わない。
やっと付けてから気がついた。
 
どうやっても、3cm間隔があく。
これは最初からカットされてきた材料なのに。
がっかりである。
 
a50.jpg
      えー寸法が合わない!!
 
a51.jpg
             部屋の中はごちゃごちゃ 
 
posted by 団塊世代 at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋根葺き、内装その1

2006年06月04日

電気工事士試験はOK

本日は電気工事士の筆記試験。
朝3時に起き、最終の復習。
 
模擬試験でも80点で十分合格ライン。
最近、団塊おやじは勉強なんぞしたことがなかって、
どうなることかと思ったが、まだまだ脳みそは衰えていない。

これで脳の老化現象もSTOPしたかな。
まあ、よく勉強したほうかな。
けっこう抵抗値の計算とか30年くらいやってなかったけど
けっこう覚えているもんだ。
 
もっと頭をつかわないといかん。
試験では若い者にまざって、団塊おやじはよくがんばった。
 
さあ、再び工房建設をがんばれ!!!!
posted by 団塊世代 at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事

2006年06月03日

裏口のドアがついた

裏口のドアをどうしようかと思っていたが
つけることができた。
このドアひとつとりつけるだけで、
何度ホームセンターに行き、カタログを見たことか。
普通サイズでは取り付けられないので、小さいドアが必要。
Aホームセンターでは、そんなドアはないとまったく相手に
してくれない。
 
それでもめげずに、ホームページからいろんなメーカを
さがし、やっと見つかった。
ほとんどのホームページはきれいでかっこよいドアばかり。
特注のドアなんてでてこない。
しかし、街の家をみると取り付けられている。
 
ホームセンタによっても取り扱っているメーカーが限られている。
運良く、そこにはあったので発注したが、
カタログって、よくわからない。
いろんな仕様がいっしょに書かれているので、どれで発注すれば
希望の品がもらえるのかすぐ理解できない。
 
とにかく苦労の末、裏口のドアがついた。
また、バーンドアもつけた。
 
バーンドアもマニュアルには、床工事なしの場合しかのっていないので
どのくらいで切断するのか、何回もマニュアルを読んで計算して
いろいろと時間がかかった。

 
さあ明日は電気工事士試験
まあ余裕だな


a46.jpg

           バーンドア等の塗装
 
 a47.jpg
           苦心のドア
 
 a48.jpg
          バーンドア
 
posted by 団塊世代 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棟上、屋根工事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。